ひざサポートコラーゲンに含まれている成分についてのまとめです。

ひざサポートコラーゲンは、膝関節の動きが気になり出した中年以降の人に効果的なサプリメントです。

機能性関与成分のコラーゲンペプチド、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸が含まれているのですが、どのような効果を発揮しているのでしょう。

【コラーゲンペプチドとは】

ひざサポートコラーゲンに含まれている機能性関与成分のコラーゲンペプチドは、コラーゲンを消化吸収しやすいように分解し、分子を小さくしたもののことを言います。

コラーゲンというのはたんぱく質の一種で、骨や皮膚、軟骨に多く含まれるものです。

これを小さく分子化したものなのです。

分子を小さくすることで水によく溶けて吸収が良くなるとされています。

【コンドロイチン硫酸とは】

コンドロイチン硫酸とは、ムコ多糖類の主成分です。

コラーゲンのたんぱく質と共に結合組織を構成しています。

皮膚の新陳代謝を活発にしたり、骨形成を促進します。

コラーゲンと一緒に摂ると良い効果が見られるものです。

【ヒアルロン酸とは】

ヒアルロン酸と言えば、基礎化粧品などにも含まれているもので有名ですね。

これは保湿作用があって肌のシワや乾燥肌に効果があるとされています。

ムコ多糖類の一種で、たんぱく質と結合して組織の保護を行っています。

また、細胞のすき間を埋める働きがあり、関節の摩擦を防ぐ効果があります。

【関節に良い成分を集めたサプリ】

ひざサポートコラーゲンは、これら3つの成分を配合することで、膝関節を守り、動かしやすい状態を保つような効果を発揮します。

続けて摂ることで、関節を保護してくれますので快適に過ごすことができます。

膝の痛みは「治せる時代」へ変わっていってますね。

≪関連LINK≫⇒http://toyokeizai.net/articles/-/99482